【ゲーム制作】キャラクターデザインが出来るまで!

なかむら
どうもどうも、なかむらです

以前、キャラデザに入る前の3ステップと題して、なかむら流のキャラデザに入る前のやり方なんぞを書いてからちょっと進捗があったので、続きを書こうと思います。

前回の記事を読んでない方はこちらを読んでみてください。

【ゲーム制作】キャラクターデザインに入る前の3ステップ!

2019-05-19

大学卒業後、この業界に入って先輩がいなかった事もあり、ほとんど教えてもらった経験がないので我流ですがこんな感じで制作していますっていうのが伝わればいいなと思って書いてます。

こういうやり方をした方がいいとかではなく「仕方ねえから困った時は参考にしてやらなくもねえよ!」くらいの気持ちで読んでくださいね(´・ω・`)

突然ですが……

ほぼキャラクターデザインは出来上がりました(笑)

その過程を今回は書いていきたいと思います!

Step1:ラフの確認

カズアキさんから『ご相談させてください』とチャットが飛んできて(※やりとりはチャットワークというツールを使ってます!)、ラフが送られてきました。

それがこちら!!

ボケ過ぎて何か分からないですよね!!

まだ制作するかも決まっていないし、何より完成してからお見せしたい気持ちがあり、ボカシてお届けしています(´;ω;`)すみません。

今回は、メインキャラとサブメインキャラとヒロインの3キャラのキャラデザがあがってきました。

左がメインキャラで真ん中がヒロインで右がサブメインキャラです(分かりづらい)

方向性が合っているかの相談だったのですが……

とことん話し合った甲斐があり、方向性にぶれはなかったです!
なくてびっくりでした!!

話し合っていなかったらイメージにずれがあったかもしれないので、やはり話し合い大事だなと(カズアキさんとなかむらの性癖が似てるってのもでかい気がしますが(笑))。

頂いた、ラフを元にここから微調整を入れていきます!

・メインキャラ

メインキャラの髪型を3パターン出してもらっていたので、一番イメージに近い髪型の子を選び、メインキャラはそのままFIXしました(笑)

まさかメインキャラがノーリテイクとは、さすがです。通じてた。

全なかむらがスタンディングオーベーションしていました。一人しかいないんですが、仕事部屋で全力で拍手しましたよ。

・サブメインキャラ

次はサブメインキャラです。
今回の企画では、メインキャラに次ぐキャラって位置づけですね。

キャラ設定や描きたい物語は企画段階である程度固めていたので、それに合うビジュアルへの調整が必要でした。

キャラの表情ってとても大切で、ムッとした口をしているか微笑んでいる口かで大分印象が変わってきます。

頂いたラフが、ちょっとイメージが違ったので、まずは表情を変えて頂きました。
(これ本当は画像を見ていただきながらの方がわかりやすと思うんですけどね……。実際に作ることになったらあにぷらの方で画像追加して発売後に解説したいですね。希望)

それでも若干イメージと離れていたので目の形を調整していただいたら、イメージに近づいてきたので、こちらも3パターンあった髪型の中からイメージに近いものを選んでFIXにしました。

・ヒロイン

今回は、今まで挑戦したことがないヒロインに挑戦したいと思っていたので、そちらのイメージを事前にお伝えしておきました。

今まで、明るく素直で優しい女の子をヒロインにすることが多かったのですが、今回は描きたい物語の性質上、それだとうまく物語の中で動けなさそうだったので、やや制反対気味の性格にしようと考えていたため、見た目でもその性格を表現できたらと思っていたのです。

どんな子になるのかなとワクワクしていたのですが、期待を裏切らないどころか毎回、期待を上回ってきますよね!

ありがたいけど、そのせいで悩む悩む。

ヒロインはプレイヤーの分身になる存在なので、プレイヤーの皆さんに嫌われないか、受け入れてもらえるか、キャラに寄り添えるか等々、毎回慎重になります。

なかむらは大体、上記を踏まえて、出てくる男性キャラ達の性格と描きたい物語が表現できるかでバランス調整し、性格を決めています。

彼女が物語の中で生きられるか、キャラと生きられるかはとても大切で、感情移入していただけるかにも関わってくると思うのです。

うまく言えないですけど、ヒロインは大切です!

昨今は、あまり女の子キャラは出ない方がいいみたいな風潮があると思いますが、だからこそ、いた方がいいと想って頂ける女の子にしたいと思ってます。

ただ、今回はどうしてもやりたい物語があったので、そちらを重視した見た目にしました!

最初に出して頂いた冷たさそうな表情を気持ちやわらかくしていただいた後、髪色を調整。これまた3パターンあった髪型から、一番イメージに近いのを選んでFIXです。

毎回思うんですけど、他作品含めて乙女ゲームのヒロインってめちゃくちゃ可愛いですよね。

ギャルゲーやアダルトゲームをこよなく愛してきたなかむらは、見る度にヒロインまとめたゲーム作ってくれないかなと思ってます。

恋愛したい。できることなら付き合ったその先も……頼むって気持ちでいっぱい。

ここまで約2時間。

今回はめちゃくちゃスピーディーに決まったと思います。

けど、その2時間の間でめちゃくちゃ悩みました。

「そうか……この中から選ばなくちゃいけないのか……」

と呻きながら決めていました。

正解がないからこそ迷う事がありますが、好きなものを作るからにはとことん好きな気持ちをつめ込もうと直観と好みで決めました。

Step2:カラー決め

キャララフが決まったら、次はカラーを決めます。

肌、髪、瞳の色を決めます。

いつもはラフがFIXした時点で一旦寝かせるのですが、『このままの勢いでやりたい』とカズアキさんがおっしゃるので、そんなの願ったり叶ったりななかむらは、正座待機ですよね!

カラー案を出してくださる間、出来上がったラフを見ていたのですが……「こっちもいいんじゃ……」と、悪魔の囁きが聞こえてきそうだったので、資料作成の続きをして待っていました。

見てると悩むんですよね。あれはいかん。

待つこと数十分。カラー案があがってきました。

それがこちら!

すみません。ぼんやりです……。

こんな感じでカラー案を出してくださったので、この中から選んだり、別の配色を出してもらったりしながら決めていきます。

そもそも好みの顔な時点で、どのカラー案もよくて悩むわけですよ。

カラーも表情と同じで、髪色や目の色で大分印象が変わってきます。

同じ顔でも濃い髪色だとクールに見え、明るい髪色だとチャラかったり元気そうに見えますし、青い瞳だと透明感があるように見え、赤い瞳だと強さを秘めたように見えます。

なので、どんなキャラにしたいのか、そのキャラのシナリオで何を描きたいのかを主軸に、決めました。

何かを決める時に、軸みたいなのがあると方向性がぶれなくていいですね。
見せてもらったキャラデザからインスピレーションをもらって、方向性を調整するのもいいと思います!

今回は本当にやりたい事があったのでそれを軸に決めていきましたが、作品によっては見せてもらったもので方向性を変えたこともあります。

大事なのは、何がやりたいかです。
方向性を変えた結果、やりたいことができるならいいと思うんですよ。

ここまで約3時間。

Step3:次の段階へ

キャラの人数が少なかった事もありますが、今回は大分スピーディーに決まったと思います。

うまくいく時って勢いがあって、あっという間にいろんな事が決まっていきます。

波に乗ってるっていうんでしょうかね。

そういう勢いがあるうちに企画を動かしていくのが大事だと思っているので、一気にカラー案まで決めてしまいました(後日談として……サブメインキャラは髪型を変更するということもありましたが(笑))

今回のはあくまで一例で、ラフだけで3ヵ月~半年かかることもありますし、カラー案は着彩の時に決めることもあったりと、一概に他のコンテンツがこのような進め方をしているとは言えませんので、そこはご注意ください。

ということで、キャラの顔が決まり、カラーが決まりました。

次は立ち絵に入ります。
キャラの全身イラストやゲーム内で使用されるものを立ち絵って呼んでいて、立ち絵の作成をお願いする際は、立ちポーズイメージ資料や服装イメージ資料、表情差分発注書等を作成しお渡ししています。

あとは同時にキービジュアルに入ることもあります。

キービジュアルとは作品の顔をとなる1枚イラストで『星屑へリオグラフ』だと海の中で5人が並んでいるイラストがそれにあたります。

これです!

プロモーションでよく使われるので一番人目につくイラストで、とっても大切な1枚です。

それ故に、みんな気合いを入れて制作しているので、見ていて楽しいし勉強になります。

大体、WEBサイトのTOPに使われてるのがキービジュアルですね!

まとめ:キャラデザができるまで

キャラクターデザインができるまでは……

  1. ラフ
  2. カラー案出し
  3. 立ち絵

こんな流れですね。

そのために、様々な資料を集めたり話し合いをしたりして、キャラメイクをサポートします!

毎回、プロの仕事を前に「すごいな」と語彙力のない感想しか出てこないです。カズアキさんとは10年以上一緒にやってきてるのに、まだこんな引き出し持っていたのか!! と驚かせられる事があって、一緒に作品を作っていて楽しいし、幸せだと思いますし、ただただ感動させられます。

キャラを作るってことは、物語の中に一人の人間を作るってことなので、物語での動かし方や見せ方をちゃんと考えていきたいと、キャラが生まれる度に思います。

また、魅力がないキャラを好きにはなってもらえないと思うので、魅力あふれる人に育てられるよう全力を尽くしていきたいです。

育てられるかは、企画の今後に関わっていますね!

企画の今後

今回のこの企画に関してはまだまだ検討の余地があって……

どれで遊んでもらうか
どこまで表現するか
どうやって届けるか
どうやって制作費を賄うか

等々、解決していかないといけない問題があります。

どうやって遊んでもらうかは、PCゲームがいいのがアプリがいいのか遊んでもらえる媒体のことで、やっぱりいまだにPCゲームを作りたい欲があるんですよね。
容量を気にせず思いきり表現したいけど、遊んでもらえないと意味がないので、大きな課題です。

どこまで表現するかは、今回はちょっとセクシー寄りの表現をしたいと思っていて、それをどこまで描くのか悩んでます。
特にビジュアル面。
一度、挑戦してみたいことでもあるので、ここはもうちょっと悶々悩もうと思います。

どうやって届けるかは、プロモーションや流通経路のことで、知らない方にどう知ってもらうか、遊びたいと思ってくださる方に負担がないカタチでどう届けるかで、すごく大事な部分です。
知ってもらわない事には手にしてもらえないし、知ってもらっても手に届かないと遊べないし、どう遊んでもらうかを決めてから考えていきたい部分です。

どうやって制作費を賄うかは、どうやって遊んでもらうかで大きく変わってくるのでここは慎重に決めないといけないと思っています。
これは企画書が出来た時点で決めないといけないことでもあります。
ですので企画が決まった時点で、「どうやって遊んでもらうか」「どうやって届けるか」の他、予算表などを作成します。
今回の企画でも実際に動かせた時を想定してある程度は考えてあるのですが、まだまだ検討の余地があるのとキャラデザ説明のための記事なので割愛しています!

こんなのはどうかってご意見や、なかむらの悩み相談にのってくださる方がいましたらコメントかメールかイベント会場で話してくれると嬉しいです(´;ω;`)

とっても素敵にデザインしていただいたので世に出したいのです!!

既存のコンテンツを制作しながら考えていきつつ……
制作が決まった時は、あにまるぷらねっとの方でご報告させていただきますね(*´ω`*)

発表する前⇒なかむらのブログ
発表後⇒あにぷらのブログ

こんな感じで書き分けしていこうと決めたので(笑)

今回、キャラデザをテーマにブログを書いたのは一つに挑戦でした。

企業勤めが長かったからこそ『制作過程』は見せるものではなく、隠すものという認識が未だに強いので、その殻を打ち破る意味でも書いてみました。

これからの時代、作る過程を知ってもらう事も必要だと思うので、今後も挑戦した記事を書いていきたいと思います。

なかむら
次は何を書こうか考えつつ、今回はこの辺で!
 ゴリラのぼやき: 梅雨に入ったせいか眠くて仕方ないんです。梅雨早く終わらないかな。

2 件のコメント

  • なかむらさん、こんばんは(*ᴗˬᴗ)⁾⁾
    度々コメント失礼させて頂きます。

    制作費の問題は企業さんでも課題になっているなだなと最近の業界の動きを見ていて思います。
    グッズ制作で利益を出すのも大事な事だとは思うのですが、クラウドファンディングを検討されては?と星ヘリに声を付けられるか否かの時に思いました。少額からだと応援したい気持ちを込めて贈る事が出来ますし、いいお値段では何かしらの特典やCF限定のシナリオやコンテンツなどを付けたらそちらを申し込みますし(笑)ユーザーに頼る形は本意ではないかもしれませんが、あにぷらを応援して行きたい気持ちを持て余している方々は沢山いらっしゃると思います。
    このえっちな企画をどうしても世に出して頂きたいのです!!

    • Ru-さん、コメントありがとうございます(*´ω`*)‼
      いつも元気もらってます!

      ご提案ありがとうございます!!
      確かに昔よりはクラウドファンディングへのハードルは下がってる気はします!
      ですが、クラウドファンディングに関しては、信用が大切だと考えていて、
      実績を作って、信用していただいてからでないと、
      気持ちよく応援していただくのは難しいと考えています。
      まずは、自分たちが出来る範囲でちゃんと”星ヘリ””スタブル”をカタチにして実績を作ります!
      それを楽しんで頂き、信用を得られたら1番いいなと思ってます。
      そのうえで「さらに展開したい!」「クオリティを高めたい!」「新しい作品を作りたい!」
      と思った時に、選択肢の一つにしたいですね(´▽`*)
      まだ名もない企画に期待してくださって嬉しいです!
      お届けできるように実績を作りながら模索していきますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です